2012年11月15日木曜日

ソーシャル小説ゲーム計画(無計画)

山田さんひらめきの「ソーシャル小説ゲーム」を、
試したり、あれこれ考えているのですが、
今ひとつ、よく分らないので、ここらで一度、整理してみたいと思います。

参考:
togetter01
togetter02

重要そうな箇所を、あたくしなりに抜いてみますと。

・小説をコンプガチャにして、一章ずつバラバラに売る
・どの章からどの章へもつながりそうでつながらないようで、やっぱりつながるかな……って感じに組み立て
・小説Aと小説Bを組み合わせるとスキル発動
・山ほどあるシーンカードを順に並べて全体のプロットを組み立てる
・小説パズルと言う感じ
・文章カードを並べて、作った文章をTwitterなんかに投稿
・カードにもランクがある
・「コンプガチャ」風に全部揃えることに価値をつけようとすると「重複」が過剰になるのでは
・ヒントはビックリマンシールの裏に書かれてた、2-3行の小説
・たとえば、ランダムに10個、小説が表示されるので好きに並べ変えられる

 ……すでにいろいろと書かれてますが、
あたくしとしては、戦争ものだとすると、上記の事項が、網羅できる気がしています。

何でも良いのですが、
1) 2派に分れて、適当に小説ガチャを書いて行く。
2) 各作者は、自分の勢力および相手勢力に起きる、さまざまの場面を適当に書いて行く。

たとえば、
「北九州帝国」VS「さんま同盟」の2派に分れたとして、
帝国側の作者が、とりあえず、
「北九州帝国では、三百億万トンの新型爆弾を製造した」
と書いたとします。

で、帝国側の別の人が
「北九州帝国の攻撃により、さんま同盟に多数の死者が出た」
と書いたとすると、この二つをくっつけることによって、

「北九州帝国の三百億万トンの爆弾によって、さんま同盟に多数の死者が出た」

というストーリーが手に入ります。

ところが、さんま同盟では別の人が、
「北九州帝国では新型兵器の開発に失敗し、多数の死傷者が出た」
と書いたとすると、最前の、帝国の人が書いた「新型爆弾の製造」を逆に利用できるので、
小説ガチャとしてのおもしろみが出てくるかと思うのです。

恋愛小説を書きたい人は、勝手にそれを書いていただき、誰かが、
「愛の力で、新型兵器の開発に成功した」
と書くことで、
「帝国側が愛の力で造った新型兵器により、さんま同盟に多数の死者が出た」
というストーリーが手に入ることになります。

自分が書いたもの、誰かが書いたものを寄せ集め、
全10章とかで、勝利を目指し、自分の小説デッキを組み立てるわけです。

当然、むちゃくちゃな展開も使えるはずです。

「北九州皇帝は神となり、さんま同盟を壊滅させた」
「さんま同盟は、メタ世界のジョイスに依頼し、神を消滅させた」


で、自分で書いたものは、1つしか使えない、最終章には使えない、接続詞のみ追加可とか、
そういう条件を入れて、各作者はとりあえず、5場面を用意する、と。



……まー、お金になるとは思えませんが、
こんな感じでなら、やってみることは出来るんじゃないかなあと。




すでに幾つか出ている小説ガチャを、寄せ集めて、
新たな話を造ってみるのもおもしろいかと思い、やってみましたが、
「自勢力の勝利を目指す」
とか、単純な方向性が無いと、なかなか困難かと思われました。


どんなもんでしょうねえ……?


 

2 件のコメント:

山田佳江 さんのコメント...

おおおお!
これ、戦うんですか?
どうなったら勝つの?

あやまり堂 さんのコメント...

最終的な勝敗は、完成品を、てきすとぽいとかに並べて、投票してもらうとかするしかないと思います。。

双方の勢力が交互に、リレーの要領で、持ち札の小説を並べて、小説を作って行く、とかいうのも可能かもしれません。。。

うーん、出来るような、出来ても大しておもしろくないような。。